動画配信サービスの比較を月額を払いながら1つ1つ丁寧に紹介

動画配信サービス比較サイト

動画配信サービスおすすめの比較・調査がしたいなら、
動画配信サービスおすすめ一括比較WEBサイトが利用価値大です。
最上の動画配信サービスおすすめを見つけるために、
とても貴重な働きをすると言えます。

レビュー(感想)と評価ー映画とドラマ

ラスト・リベンジ (前頭側頭型認知症(FTD)になった男の話)の感想

更新日:

ラスト・リベンジ感想

動画配信サービス比較サイト

ラスト・リベンジ感想
ラスト・リベンジ (前頭側頭型認知症(FTD)になった男の話)の感想
総論
ラストリベンジの感想を一言でいえば… 復讐と病気 ということになるだろう。 おそらくこの映画評価はそこまで良くないと思う。 なぜなら、王道をいったような作品とは違う作風になっているから。
出だしの引き込み度
最後まで眠くならない度
再度観たい度
読者の評価0 投票する0
良かった点
奥深さ
吹き替えの上手さ
残念だった点
ステルスメッセージが気になった点
2.9
得点

スト・リベンジ (前頭側頭型認知症(FTD)になった男の話)の個人的な感想をメモ

作品情報

洋画:アクション・サスペンス
初公開: 2014年12月5日
主演 ニコラス・ケイジ
監督: ポール・シュレイダー(タクシードライバーなど)
上映時間: 1時間 34分
公式サイト

あらすじ

CIAの捜査官として30年もキャリアを積んできたものの、上司から早期の引退を遠回しに勧められてしまったエヴァン・レイク(ニコラス・ケイジ)。ショックを受ける中、部下のミルトン・シュルツ(アントン・イェルチン)からある報告を受ける。それは22年前にエヴァンを監禁して拷問にかけたテロリストのムハメド・バニール(アレクサンダー・カリム)がケニアに潜伏しているかもしれない、というものだった。情報の信ぴょう性を確かめた後、リベンジを果たそうとするエヴァンだったが、ムハメドは前頭側頭型認知症を患っており…

ラストリベンジの感想

ラストリベンジの感想を一言でいえば…

復讐と病気
ということになるだろう。

おそらくこの映画評価はそこまで良くないと思う。
なぜなら、王道をいったような作品とは違う作風になっているから。

まとめ

復讐の相手が身体(血)を患う死の病気
復讐をする主人公は認知症という忘れる脳の病気
この2人が相対した時、復讐はどうでもよくなる、
という展開になる復讐と死の関連性という奥深さを見せている。

ただ、それでは物足りない。

そこで、復讐しなかっがゆえに、相手の復讐にあい
罪のない多くの人を傷つけてしまうことに…
結局のところ、復讐をすることになり、
その帰りに認知症が原因で主人公は事故を起こして死んでしまう。

2人とも死んでしまうなら、最初に復讐しておけばよかったのか?
それとも、そもそも復讐をするべきではなかったのか?
など、人それぞれの感想はあると思う。

最後に最初に出てきた主人公のCIAでのスピーチで締めくくられた。

これで、どんなことをしても正義を貫く(復讐をとげる)必要がある
という遠回しに(アメリカ的)な隠されたメッセージがあったような気がした。

王道に飽きた人なら見てみてもいいかもしれない。

ちなみに声優さんの大塚さんも流石。
ニコラス・ケイジもそう。
王道の無敵の主人公ではなく、
まるで「大丈夫かこの人。本当にこんなになっちゃったんじゃないの?」
と思わせるような、雰囲気まで変えて演じている。

この意味でも、表面上だけ観るなら
期待は下げた上で見たほうがいいと思えた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
安田 瑛士

安田 瑛士

映画ドラマ大好きな安田瑛士です。


年間1000本単位で映画やドラマを観ています。
最近急成長している動画配信サービスに興味を抱き
こちらでまとめていくことにしました。
何かの参考になれば嬉しい限りです。

-レビュー(感想)と評価ー映画とドラマ

Copyright© 動画配信サービス比較サイト , 2018 All Rights Reserved.